内緒キャッシング

総量規制対象外キャシングのメリットとは?

キャッシングの利用が初めての方にとっては、総量規制対象外がどういうものか分からないと思います。
総量規制対象外のキャッシングは、自分の年収の3分の1を上回るお金が借りれるサービスのことをいいます。
2010年6月18日に総量規制が始まりましたが、それ以降、年収の3分の1までしか借りられないキャッシングが多くなっています。
総量規制対象外の基本について確認し、自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

 

総量規制対象外なら高額融資も可能に!

 

年収が少ないアルバイトやパート勤務の方は、年収の3分の1までという制限が問題になると思います。
毎月5万円のアルバイト収入しかない場合は、原則として20万円を超えるお金が借りられません。
しかし、総量規制対象外のカードローンを選べば、20万円超のお金も借りれるようになります。
年収に関係なく必要なお金が用意できるのが、総量規制対象外キャッシングの大きなメリットになります。

 

収入証明の提出要求もゆるい!

 

総量規制対象外は、銀行のキャッシングになりますが、融資の上限額だけでなく、収入証明書の提出要件もゆるくなります。
総量規制がある消費者金融では、50万円超の希望額で必要になりますが、総量規制対象外なら100万円以下で必要になることはほとんどありません。
200万円〜300万円までは収入証明書なしで借りれるところがありますので、希望額に応じて収入証明なしで申込めるカードローンを選ぶのもいいと思います。

 

総量規制対象外でも迅速な審査が受けられる!

 

総量規制対象外の選び方にもよりますが、消費者金融なみの迅速な審査が受けられるサービスもあります。
バンクイックや三井住友銀行カードローンのように「最短30分」で結果が分かるキャッシングにすれば、今から1時間以内にお金が用意できます。
面倒な書類も用意せず、すぐにお金が借りれるのも総量規制対象外カードローンの魅力ではないでしょうか。