内緒キャッシング

専業主婦がお金を借りる方法

収入がない専業主婦がお金を借りるためには、総量規制対象外カードローンを利用することになります。
総量規制は、2010年6月18日に施行された改正貸金業法の新たなルールのことをいいます。
法律によって融資の上限額が決められたもので、この規制によって、専業主婦が借りれない金融機関が生じたからです。
総量規制の基本的な内容について理解すれば、専業主婦でも自分に合ったカードローンを選べるようになるでしょう。

 

総量規制で借りれる金額とは?

 

総量規制の影響があるカードローンは、貸金業法が規制する消費者金融や信販会社のカードローンです。
総量規制は、年収の3分の1を超える融資を禁止するものですので、たとえば、年収150万円の方への融資は、50万円までとなっています。
専業主婦の場合については、本人名義の収入がありませんので、1円も借りれないことが分かると思います。
そのため、専業主婦がお金を借りるときは、必ず総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

旦那にバレずにカードローンで借りるために!

 

また、専業主婦が旦那にバレずにお金を借りるためには、自宅への郵送物に注意する必要があります。
自宅に申込書やカードなどが郵送されると困りますので、インターネット申込みと自動契約機でのカード発行が基本となります。
カードローン会社のホームページから申込みをし、最寄りの自動契約機でカードを受け取れば、郵送物なしでの申込みが完結します。

 

専業主婦が利用できるカードローン

 

専業主婦が利用できるカードローンでは、水を銀行カードローンやバンクイックに人気があります。
どちらも限度額30万円までという制限がありますが、即日融資も可能で、インターネットからの申込みができるようになっています。
本人確認書類として運転免許証や健康保険証があれば申し込めますので、いずれか好きなカードローンを選んで申込んでみてはいかがでしょうか。